ペットのおススメ情報、口コミ情報、育成論など

もしも人を噛んでしまったら

もしも人を噛んでしまったら

 

 

飼い主さんは常に愛犬をコントロールするべきなので
あってはならないことですが、万が一のために

 

犬を離れた場所に連れて行く

それ以上噛んでしまわないように

 

犬が人を噛むのは、極度の恐怖や怒りなどから
興奮状態にあることが多いものです。
そのままちかくにいたのでは、また噛んでしまうかもしれないので
離れた場所に犬を連れて行きましょう。

 

 

けが人の病院を手配

可能なら同行しよう

 

相手の病院の手配をしてあげましょう。
出来れば病院まで一緒についていくように。
断られたら、こちらの連絡先を教えておきましょう。
狂犬病ワクチン接種の有無を伝えることも忘れずに。

 

 

保健所・動物病院に行く

けがをさせた犬の飼い主さんの義務

 

飼い主さんは、狂犬病ワクチン接種の有無にかかわらず
「保健所などへの24時間以内の届け出をすること」
「獣医師による48時間以内の狂犬病検診をすること」が
義務付けられています。
※東京都の場合。道府県により異なる場合があります

 

 

 

相手に誠意を示すことで和解につながることが多い

 

ペット関係の法律に詳しい先生によると
交渉事件の被害者の多くが求めるのは、
慰謝料などのお金ではなく、けがをさせた犬の飼い主さんの誠意なのです、
とのことです。
きちんとした対応が円満和解につながることが多いみたいです。
交渉事件を起こしても犬が強制的に連れて行かれる心配はありません。
逃げ隠れせずにきちんと詫び、相手のけがをおもんばかる、誠意ある行動を。
また、地域で指定された行政機関に届け出を出し、
必要な検診を犬に受けさせなければいけません

 

 

逆に犬にかまれてしまったらその日のうちに診察を受けて

 

犬にけがをさせられたときには、小さな怪我でもその日のうちに
医師の診察を受けましょう。飼い犬ならば狂犬病ワクチンの接種の有無や
連絡先を聞いておきましょう。
飼い主が分からない時も、保健所への届け出をしておきましょう。

 

 

どんなときでもリードを離さない

 

リードは私有地以外では離さないのが基本です。
ノーリードでケガをさせた場合はどんなに相手が無謀に近づいたとしても
飼い主に責任があります。
また、狂犬病ワクチンを売っておくことも飼い主さんの義務です。
ワクチンをしていない場合は
狂犬病ではないと証明できるまでの間、
外出禁止になります。

 

 

関連ページ

もしも夜中に急に具合が悪くなったら
もしも夜中に急に具合が悪くなったら そんなときの飼い主さんのとるべき行動は?
もしも災害が起こったら
もしも災害が起こったら もしも事故に合ったら もしも迷子になったら あなたはどう行動しますか?
もしも迷子になったら
もしも愛犬が迷子になったら あなたはどう行動しますか?
もしも交通事故にあったら
もしも夜中に急に具合が悪くなったら もしも災害が起こったら もしも事故に合ったら もしも迷子になったら

ホーム RSS購読 サイトマップ